<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

HAPPY  BIRTHDAY



はっぴばーすでーとぅーゆー

はっぴばーすでーとぅーゆー

はっぴばーすでーでぃあ




ジンちゃ〜ん♪




はっぴばーすでーとぅーゆー☆





ってコトで!
今日はKAT−TUNのヘタレこと、赤西仁の23歳の誕生日ですね!
いやーめでたい!もう23だって! (は
あたしがKAT−TUNを知り始めたのって2年半くらい前からだから、
ヘタレ時代(笑)の仁をあたしは知らないんですよ!
でも、こう亮ちゃん流に言うと“ピーTube”で観たりしてるんでね、
あたしの中の仁のイメージって金髪のときくらいなの(笑)
あれっていくつくらいだ?今のあたしとそんなに変わらないと思うんだけど…。
ヘタレってか、バカ発言ばっかりしてた仁が今じゃもう23歳ですよ!
留学とかして英語もペラペラですよ!真面目な発言とか、難しい言葉とか言っちゃいますよ!
でも、笑ってるとヘタレなんだな〜♪笑
大人なんだけど、子供っぽいところがまだ残ってる感じ!仁は。
ほっとけない感じ?近くにいたらついつい手助けしたくなるよね、絶対!(笑)
ま、おめでとうございます☆
あたしも来週オーストラリアに行ってきますよ!いーだろ♪ (え




で、「中丸のページ」!
チャリ走で3000メートルいったそうです!!!!!!!!!!
上田は4900メートル…。
ちなみにあたしは902メートル♪

しょぼー(笑)

おかしいでしょ!あたしめっちゃやってんだよ?!
1000もいかないー!!あーガンバロ。テスト前だけど。
そう!カツマニュは上田だったね!

「ボクシングが・・・したいです」

って!!!めっちゃパクリ!笑。某バスケットボール漫画のパクリ!(笑)
いやー、すごい影響されてんじゃん!





あ、これどうでもいいんだけどね、
昨日のロバ丸ラジオで、アポなし電話をする企画あったじゃないですか、
あれでね、埼玉県の人に電話するときに後ろで中丸が
「○○市、ちっけ!」って言ったの!!!!!
何でこんな喜んでるのかってあたしの地元なの!!!
めっちゃ嬉しくない?こういうの!
いやー近いんだよ♪中丸の地元近いんだよ♪
KAT−TUNで唯一こんなに近い♪笑
他みんなめっちゃ遠い♪


あ、そろそろ黙ります?笑


じゃ、仁誕生日おめでとう!
赤西仁 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

生まれてきてくれてありがとう

仁、21回目の誕生日おめでとう。

21歳だね。大人になったね。

あたしがKAT−TUNを好きになってから、あなたの誕生日を祝うのは

初めてです。

あたし仁のその真っ直ぐなところ大好きだよ。

人間ってさ、結構壁とか作っちゃったり、人に言いたいこと言えなかったり

するじゃない?

でも、仁はそんなところ全然なくてさ。

ホントすごいと思う。

最初、あたしは和也が好きだった。

でも、DVDを買って見てたら、仁が目に入った。

「君を想うとき」を歌ってる仁に目が入ったんだ。

すごい歌がうまくて、すごい透き通った声してて。

一時は和也よりも仁を見てましたから!!


言いたいことがたくさんあるはずなのに、うまく言葉にできなくてごめんね。

いつまでも、子供心忘れないでね。

いつまでも、変わらない赤西仁でいてね。

もっともっと成長してください。

あたしはずっとずっと赤西仁が大好きです。





プロフィール更新しました。
赤西仁 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

赤西仁

「anego〜アネゴ〜」見ました。
泣いてたよね、赤西クン。
黒沢クンが可哀想だよね。
純粋だから、純粋すぎるから、振り回されて、振り回されて・・・。
見てるこっちが切なくなる。

ぁたしね、「黒沢明彦」っていう人間を「赤西仁」として見てる所があるの。

あれは、「黒沢明彦」なんだ。

そう思えることはある。
でも、いくら演技でもあれは「赤西仁」なんだ。

ってそう思っちゃうこともある。
何かね、いくら演技でも「赤西仁」という人間、
たった一人の人間を消したくない。
アネゴを見れないわけじゃないの、逆にいつも楽しみなの。
でも、いつも見終わった後気分が落ちてる。
今も、あの泣いてる顔が忘れられない。
手がさ、震えてたでしょ?
よくできるなって・・・・。
演技だって、演技が上手なんだって・・・分かってるはずなのに。







受け止められない自分がいる。








赤西クンのプライベートには突っ込んじゃいけないって分かってる。

でも、プライベートに突っ込みたい自分もいる。

ごめんね、


こんなファンでごめんなさい。
続きを読む >>
赤西仁 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)